忍者ブログ
製造元・・・ぽぷら。ゆる~くメイプル、だが譲れぬ一線がここにある。
<< | 2017 年08 月 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 | >>
[220]  [219]  [218]  [216]  [214]  [212]  [211]  [210]  [208]  [209]  [207
Updated   
2017.08.18 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Updated   
2010.01.13 (Wed)



この物語はフィクションです。

全てはメイプルストーリーの世界観を基にした架空の物語です。




──────これはまだ暗黒の魔法使いが猛威を振るっていた頃のお話。



暗黒の魔法使いの恐怖に脅えるこの時代に、一人の盗賊がおりました。

7afb1032.png





彼はとても腕の立つ盗賊でしたが、執拗な攻撃を受けて重傷を負ってしまいました。

かろうじて逃げ切ったものの、そこが限界で倒れてしまいます。




そんな彼を救ったのは、

32ebb909.png





町外れにある小さな修道院に住んでいるシスターでした。




舞台は、盗賊とシスターが出会った次の日から始まります。








まだ朝日も出ていない早朝の、修道院のすぐ外に盗賊はいた。


915a23a5.png





盗賊oO(昨日の傷はすでに癒えた。いつものコンディションに戻ってる)

静かに呼吸を整える。

彼は何事にも集中力こそが大事だと考えていた。

その点において、昨日の自分の不甲斐なさは過去最高のものだった。

たかだが女性に泣きつかれ、小さな女の子に大声を出された位でこうも動揺するとは。

盗賊oO(少し、身体を動かすか・・・)

8a875ab4.png





ゆっくりと目を開ける。

目に入ったのは、様々な木に実った色とりどりの果物。

盗賊oO(・・・アレにするか)

どんなに集中しても、空腹には勝てない。

満腹もあまり良くないが、空腹も集中力をそぎ落とす。

盗賊oO(全部の木から一個ずつ・・・ざっと見て10と少しと言った所だな・・・よし)

彼は踏み込む足に力を入れて・・・、





──────腹、減ってると思ってさ。

──────高く登りすぎて降りられなくなっちゃったけどねっ!





盗賊:・・・っ!!


46b5b6e3.png





ドギュンッ!!と弾丸のように彼は翔けた。

・・・脳裏に浮かんだ言葉を振り払うように。

万が一の不安もあった体調は、予想以上に良好だった。

彼は疾風となって木と木を飛び移り・・・最後の木に着地する。

盗賊:・・・ハァ。

今ひとつ、動きにキレを感じなかった。

移動した途中の木からぽとりと一つ、果物が落ちる・・・取りこぼしてしまった。

盗賊:どうしたんだよ・・・俺。




今だって、こんな事をしてる位ならさっさとこの場を去るべきだと言うのに。




7afb1032.png





盗賊oO(助けてもらった対価としては不足だが・・・これを置いたらここを去ろう)

静かに修道院の中に戻った彼は、先ほど手に入れた果物を机の上に置いた。

ea4b0727.png




懐には命賭けで取った宝もあるが、これは流石に渡せない。

・・・と言うより、こんな物は渡しても意味が無いのだ。

余計な事を考える前に出て行こうと決め、そっとドアノブに手をかけた時だった。




???:行かれるのですか?



32ebb909.png







盗賊:・・・。

シスター:貴方が何故盗賊などに身を落としたかは知りません。

シスター:ですが、自分の心を偽って辛くないのですか?

盗賊:・・・なんだと?

キッと、シスターの方を睨みつける。

ですが、臆する様子もなく、彼女は机の上を指差した。

シスター:その果物・・・子供達へのお礼なのでしょう?

盗賊:・・・。

シスター:貴方は本来とても優しい心の持ち主じゃないのですか?


022426e0.png





盗賊:五月蝿いな!!!


32ebb909.png





シスター:!


dd94c50b.png





盗賊:優しい心だぁ?!そんなもん知るかよ!!


32ebb909.png





シスター:・・・。


bc769f2c.png





盗賊:俺が知ってるのは宝の取り方と人やモンスターの斬り方ぐらいだっ!!


7a6ebac1.png





シスター:・・・そうですか。ではどうぞ行ってください。


7e2d89b5.png





言われなくても・・・っ!と外に出ようとしたが、不信に思って出るのを止めた。

盗賊:通報しても無駄だぞ。3分もあれば世界の端まで行ってみせる。

シスター:そんな事しませんよ。

盗賊:ふん、どうやらお人好しじゃなくて狂人だったようだな。

シスター:そうかもしれませんね。

盗賊:・・・。

分からない、この余裕は一体なんだ?

今目の前で恩を仇で返そうとしてるのに・・・。

彼女の異質さに少し悪寒が走った。




盗賊:おい、一体何を企んでいる?

シスター:企んでなどいません・・・信じているんです。

盗賊:ますます訳の分からない事を──────

シスター:貴方が、

盗賊:あ?

9af7d3d7.png





シスター:貴方が私の考え通りの方だったら・・・また、ここで会うことになるでしょう。

そう言って、彼女は笑った。

7e2d89b5.png





盗賊:・・・ふん、予言のつもりか?ならその予言は絶対外れる!絶対にだ!!

7a6ebac1.png





シスター:そろそろ行かないと子供たちが目を覚ましますよ?

盗賊:!

シスター:あの子達が起きたらますます出て行きにくいのではないのですか?

盗賊:・・・クソ!

46b5b6e3.png




シュッと盗賊は消えてしまった。






32ebb909.png





シスター:・・・なんて寂しい方なのでしょう・・・

コンコン、ガチャ。

4b494618.png





子供C:あ、あの、おねえちゃん。二人が・・・

シスター:・・・。

子供C:おねえちゃん?

シスター:え?えっと、二人がどうしたの?

シスターが寝室を覗いてみると、

5bb06b4d.png





子供B:ど、どうしよう;;おねしょしちゃった;;

372b0c62.png





子供A:と、とりあえずパンツ隠せ!誤魔化すんだ!

シスター:まったくもう。パンツとシーツを洗い物のところに出しておきなさい。

シスター:それから・・・あら?

見ると、袖を掴まれていた。

4b494618.png





子供C:お、おねえちゃん、おにいさんは?

その言葉でようやく男の子二人も盗賊がいない事に気づく。

e49f9006.png





子供A:あ、あれ?盗賊のあんちゃんいないぞ。

a824c4e7.png





子供B:木登りのしかた教えてもらう予定だったのにねー。

寂しがる子供達。

7a6ebac1.png





シスター:・・・すぐに戻ってきますよ。ほら、昨日のお礼にって果物を取ってきてくれましたよ。

子供A:ま、マジだ!しかもこんなに!

子供B:凄いねっ!こんなに取ろうとしたら僕達じゃ一日かかっちゃうよ!

このリンゴ俺の!じゃぁ僕はオレンジもらうねー!と二人が果物に手をつける中、

子供C:・・・

女の子だけ固まっていた。

シスター:どうしたの?

子供C:・・・おにいさん、もう来ないって言ってた・・・です・・・。

シスター:!!

聞いていたのね・・・しかも彼に一番懐いていたこの子が・・・。

f162bae3.png





子供C:私が・・・おにいさんの髪の毛いじったから嫌われたのですか・・・?

涙は出ずとも、女の子は泣いていた。

そんな女の子をぎゅっと抱きしめ、出来る限り優しい声で話しかける。

シスター:違うわ。あの人も本気で嫌がってなどいなかったでしょう?

子供C:・・・。

シスター:絶対に彼はここに帰ってくるわ。信じて。

子供C:・・・はい・・・です。

シスター:ほら、彼が取ってきてくれた果物の皮むいてあげるから。

切ったリンゴを渡してあげると、嬉しそうに食べ始めた。





ザブザブ、ジャバジャバ。



7a6ebac1.png





シスターは朝食を終えた後、洗濯をしながら一人考えていた。

シスターoO(なんにせよ・・・時間が足りませんでした・・・)

あの時引き止めても、結果は変わらなかっただろう。

彼の凍った心を溶かすには、少々時間が足りなかった。

シスターoO(せめてもう一日、彼をここに留まらせる事が出来れば良かったのに・・・)

しかし、すでに手遅れで・・・何をするにも遅すぎた。

だからせめてと想い・・・彼女は祈った。








シスターoO(お願いです・・・この、幼い子供たちを救って下さい)








そして・・・私も・・・。











続く(第三話へ。)

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ツンデレだ!盗賊ツンデレだ!!
...次回待ってます。
浦瑠 2010/01/13(Wed)21:20:20 編集
無題
初めてコメント致します、ワタクシ愛盗賊と申します。m(_ _)m

過去記事をようやく全て読ませて頂きました。
素晴らしい熱血記事多数拝見しました、脱帽です(^_^;)


この物語、面白いですね。今までの熱血花火さんとは違う繊細な面が見えるストーリーな気が致します(笑)

続きが読みたいです。
ムリせず更新なさって下さいo(^-^)o


愛盗賊#@ 2010/01/15(Fri)11:50:15 編集
無題
はじめまして(*^_^*)
前日のイベント終了後の拡声器でこちらのブログを知りました
あーこぽん 2010/01/15(Fri)19:20:33 編集
無題
はじめまして。
先日のイベント終了後の拡声器でこちらのブログをしりました。
こういうお話大好きです。続きも早くみたいので頑張ってください~
あと、動画も見させて頂きました。すごく上手で気に入っちゃいました。動画の次作も期待してます(*^_^*)

PS
一回、書きかけで投稿してしまってゴメンナサイ
あーこぽん 2010/01/15(Fri)19:23:54 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ツイッター
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[10/31 濃紅]
[10/30 はなび。]
[10/29 NONAME]
[10/24 疾風星屑]
最新TB
プロフィール
HN:
○光花火
性別:
非公開
自己紹介:
スカイプ名sela.amanari
世羅って名乗ってるけど花火です。
ブログ内検索
アクセス解析